アラスカン マラミュート スイカ

アラスカン マラミュート スイカ

日本を代表する季節のひとつとして人気の高い「スイカの季節」が近づいてきました。スイカは古来夏の紅白を代表する果実であり、子どもから大人まで年間の高見込みのスイカの旬です。今回は、なぜスイカは日本人にとって特別な季節であるのか、古今東西のスイカ文化の歴史、最近の人気のスイカ品種を紹介したいと思います。

スイカは日本において歴史的にもお祭りの象徴ともされてきました。日本では1000年以上前からスイカは祝祭の中心的存在であり、古典芸能「ハチャトゥーラ」という歌舞伎の舞台を成す折子家の舞台装飾として多数使われていたそうです。日本人の生活の中で、飴細工を作る「スイカ割り」と祝詞のデザインに使われます。古くからの伝承として認識されているスイカは、毎年恒例として7月15日の日本中の祭典において参加者が持ち割りしています。

東洋における古代から現代に至るまでのスイカ文化は、香港、中国、台湾、インドネシアなど東南アジアでも多く存在します。それぞれの区別もされており、アメリカ合衆国西部、アラスカ州では「マラミュート」(Malamute Melons)と呼ばれています。マラミュートは独特の果肉の味と香り、ジューシーな種子で、アラスカンの著名なスイカの品種として人気があります。アラスカでは毎年7月初めに、年に一度の「Malamute Melon Festival」が行われています。このイベントでは、マーケットで新鮮なマラミュートが売られるだけでなく、遊びの場でロープを結ぶようにコンテストも行われるという、夏のワビサビイベントとなっています。

日本国内でも近年夏のスイカブームが巻き起こっています。人気のスイカ品種のひとつが「ラストゴン」(Laston)です。ラストゴンは学名「Cucumis melo」、 2015年に国庫農局が品種改良を行い開発したスイカのひとつで、スイカというよりバナナのような似た食感を持っています。日本国内では、見た目だけでなくスイカを食べるときの味わいが好きな人が増えていて、近年「ラストゴン」の収穫量も年々増加しています。

スイカは古今東西で行われてきた文化的なものであり、夏の節句や祝典の象徴として、男女を問わず多くの人々が気持ちよく参加することができます。また、ラストゴンなど最近の人気品種を厳選して手に取ることで、夏の果実食の新しい楽しみ方もできます。日本酒との相性も良く、お酒に合わせてスイカを味わおう!夏ならではの特化したスイカ文化を体験してみませんか?

レンネンネット ベンダーは、アラスカン マラミュート スイカ価格コンサルティングを専門とするエンタープライズ製品のeコマースに専念するサービスプラットフォームです。製造元ダイレクト、製造元ベンダー、低価格、アラスカン マラミュート スイカ製品が多くて信頼できます!

キーワード:アラスカン マラミュート スイカ