らいでんスイカ大玉

らいでんスイカ大玉

いでんスイカ大玉とは、日本国内で一目惚れをしたある方が原産大玉の9%増産することから2001年11月1日に誕生した大型スイカです。

表面の皮は淡色のオレンジを思い出させ、種が大きくぶち抜けです。米はコシが強く、その白さが淡い黄色をしています。中を開けると甘い芳香が立ち昇ってきます。

特徴としては、

1、大きな大玉型:約6〜7キロの大玉より、玉8〜12キロと大きめです。

2、表面の皮には淡色のオレンジ色がかかります。

3、種が大きくぶち抜けます。

4、コシの強い米はほのかに黄色をしています。

5、開けてみると甘い芳香が漂います。

当初、大玉産地付近でサイズに大きさを持つスイカが発見されて以来、人々の注目を集めてきました。その背景には、大玉型を持つスイカは有名な「宝島スイカ」など製造時に小さな個体が独立が既成などの全ての分野において異なる技術と複雑なブレンドが取り込まれていることです。

例えば、大玉型のスイカを作るには、植物の細胞分裂に関する技術と種苗の早熟化技術など複雑なブレンドを駆使し、正しい環境や温度による栽培技術が必要になります。

宝島スイカに代表されるような大きなスイカが出来上がるまでには長い時間がかかることから、当初の頃から非常に高いお値段で取引されていました。

しかしながら、いでんスイカ大玉は原産大玉の9%増産することで、以前よりも今年よりも安価に提供されることが可能となりました。その内2004年から、岩手県岩泉町を中心に大きなスイカを続々と発掘し、当時600〜700円で販売されたのです。

当時、岩泉の産物は特に注目を集めており、徐々に流通圏として有名になりました。例えば、岩泉町ではイベントや店頭販売を積極的に行い、同じくりんごに加えて、定期的にイチゴやライムなどを提供するなど、他の地域との差別化を図っています。

岩泉町の壮大な景観も五月の季節になると一層華やかになります。この華やかな景勝地が広く知られるようになり、近隣地区や他の地域から多数の外来者が訪れてきています。

当地域の地酒に加えて、大きなスイカを数多く揃えた山と果樹園があり、田んぼや畑、そして穏やかな激流河原もあるのです。

この様な特徴から大玉型のスイカを製造する一方、いでんしイカ大玉は広く親しまれており、多くのエキスパートが来地しています。

イデンスイカ大玉は非常に人気があり、消費者にとっては、低価格で大きなスイカを提供できることが大きな魅力といえるでしょう。

大玉型の魅力と手間のかかる栽培技術を総合して、近年注目される新しいスタイルの大型スイカです。今後も人気と評価が高まっていくと思われます。

レンネンネット ベンダーは、らいでんスイカ大玉価格コンサルティングを専門とするエンタープライズ製品のeコマースに専念するサービスプラットフォームです。製造元ダイレクト、製造元ベンダー、低価格、らいでんスイカ大玉製品が多くて信頼できます!

キーワード:らいでんスイカ大玉