イタリアの森へスイカ撃ちに

イタリアの森へスイカ撃ちに

夏がやってきた。今年も暑い毎日が続いている。どこかに遊びに行こうかな、と夏の大三角研究旅行を考えていたとき、突然友人から連絡が入り、イタリア北部のトレント地方の森へスイカ打ちに行こうという企画が浮かんだ。

「イタリアの森でスイカ打ち?いいぞ!」

かなりワクワクして参加者を招集した。駆け出し企画だったが、その後2週間でイタリアへ向かう準備を整え、キャンプ具やカートを持って出発。

イタリアの行き先は、トレント地方の美しい山に囲まれたヴェネト湖畔のもうひとつの村、ローマ、だった。ローマとは異なる村である。しかし、村の近くには素晴らしい森が広がっている。

森の中を歩くと、部屋に家具がそのまま残され、原生林の木々が大きくなるのを見ながら勇気をもらえる。そして、まるでネイティブ・アメリカンのような生活がなされているような感覚がする。「もしかして、ここならドラゴンを見ることができるのかもしれない」と思ったが、まだ見つけられなかった。

木々の向こう側に、原生林の木々の向こう側に、森の奥底で、美しい池があった。友人の手で、池の周辺に美しいビデオを取ろうと試みたが、すごくゆえんが違って、うまく取れなかった。その惜しい間抜けに、友人は「残念!こんな素晴らしい池でしたら、ドラゴンがいるんじゃないかな~、それは信じたくなるけど。」と友人は言った。

そして、イタリアの遠い森のなかの木々の林間に、全身イエローの砂漠のような土を今まで見たことのない数の小さな怪物がいることを発見した。友人は「さぁ、これで決まり!ここはスイカ打ちをしようよ!」と叫び、怪物たちは気まずそうな顔で姿を消していった。

友人たちは、古代より伝わるゲームのルールでスイカ打ちをするため、各自の力を競い合うことになると、大いに盛り上がりを見せた。友人の中には球技ではとても得意な子もいたが、このとてもローカルなイタリアの森の景色に驚きを感じる子もいた。

やがて、友人たちは木々の間を進みながら打ち始めた。数人が叫び声をあげながら投げ、バケツのようなカゴに力強く投げ込んだ。そして、友人たちは力強くカゴを動かしながら得点を競い合う楽しいゲームをしていた。

スイカ打ちのゲームが終わった後は、山越えをしてイタリア中部のヴェネト湖畔の村Romaへ向かう。そして、ゆっくりとしたカートの中でヴェネト湖畔の森をのんびりと見ながら勇気をもらった。イタリアの森は本当に素晴らしいなと思う。山と森の中で、ドラゴンがいなければいつか発見できるかもしれない。いつか、またこの森に戻る、と思うと心が温かくなる。 今回のスイカ打ち旅行の楽しい思い出はあまりにも貴重だった。そして、イタリアという素晴らしい国を滞在して一時期感じた勇気の旅行から生まれた思い出は、がちゃりんと友人たちと共に心にしまっている。だからこそ、明日もまた元気に会話したり、夢中になってゲームをしたり、新しい冒険をしたり、笑顔で挑戦していけるよう、頑張ろう!

レンネンネット ベンダーは、イタリアの森へスイカ撃ちに価格コンサルティングを専門とするエンタープライズ製品のeコマースに専念するサービスプラットフォームです。製造元ダイレクト、製造元ベンダー、低価格、イタリアの森へスイカ撃ちに製品が多くて信頼できます!

キーワード:イタリアの森へスイカ撃ちに